• HOME
  • 現場ブログ

外壁と屋根の塗り替え目安


外壁と屋根の塗り替え目安

「最近、多くの施工会社から、外壁や屋根の塗り替えの連絡が来るようになった」という方・・・

改めて、自宅を見てみると、色褪せやひび割れが目立つようになってきたと、実感することもしばしばありますよね。しかし、難解なのが塗り替えの時期です。

そこで、なにを目安に外壁や屋根の塗り替えを考えればよいか、30年に渡る経験で得た知識と知恵から、プロタイムズ藤沢中央店がズバリお答えします。

外壁の経年劣化の見分け方

外壁や屋根に塗る塗料の成分は、以下の三つで構成されています。

  • 色などをつける「顔料」
  • 外壁や顔料を保護して美観や機能を守る「樹脂」
  • 「顔料」や「樹脂」を一体化させるための「添加剤」

樹脂の種類は耐久性別にアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の種類が有ります。

この三つが混ざった塗材にシンナーや水を混ぜて溶かし、外壁や屋根に塗るというのが塗料の基本的な構造です。

新築から10年程度経つと、外壁の塗り替え時期だとよく言われますが、塗られている塗料の種類によって耐久年数は異なり、塗り替え時期も異なるということなのです。

では、どうやって塗り替え時期を考えるのか、そのひとつがチョーキング現象の有無なのです。

チョーキング現象(白亜化現象)とは

チョーキング現象

外壁塗装の劣化症状の一つで、塗装された壁を触ると外壁の色の粉が、手についてしまう現象。

表面の防水効果が無くなっている証拠となり、処置緊急度は高めです。

一般の方でも、外壁の表面に現れるチョーキング現象はわかりますので、 もし、ご自宅でチョーキング現象が起きている場合は、おはやめにご対応ください。

屋根の経年劣化の見分け方

雨漏りはしていないので、屋根のリフォームの必要はないと思っている方も多いかと思いますが、粘土瓦(日本瓦)などの塗装が不要な瓦以外で、塗装が必要なセメント瓦(スレート瓦)では、劣化が進んだ状態で放置した場合、雨水が内部に浸入して雨漏りを引き起こし、建物内部を傷めてしまいます。

そのため、長期にわたり放置をしていると、本来は屋根の塗装だけで済むはずが、屋根の重ね葺きや、葺き替えをする必要が出てきて、結果として高額なリフォームになってしまうことがあります。

そこで、一般の方でも簡単に雨漏りの有無を確かめる方法が、最上階部屋の押し入れの上の天袋から、屋根裏を目視する方法です。

天袋の雨染み

もし、天袋に雨染みを確認したら、屋根の塗装ではなく、葺き替えしか選択肢が無くなる恐れがありますので、緊急を要します。

また仮に雨染みが無かったとしても、瓦にひび割れの様な症状が出てきたら、こちらも要注意です。

日本の多くの家屋で使用されているスレート瓦は、厚さが4.5㎜で内容成分の85%がセメントで、残り15%が繊維質等(2004年以前は石綿アスベスト)で形成されています。

生産工場から出荷される際に、表面にアクリル塗装が施されており、5年~7年程度で防水効果が無くなります

そうなると、雨水が瓦内部に浸透する様になり、冬場に凍結し、爆裂という現象で瓦が割れてしまいます。

したがって、スレート瓦は寒冷地では施工不可の屋根材で北海道には一棟も存在していません。

瓦のひび割れ

しかし、寒冷地以外でも冬場に零下になることはあります。

ゆえに、この様なひび割れを放置すると凍結で爆裂した瓦が滑落し、屋根に大きなダメージを与えるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

外壁や屋根の塗り替え目安について解説をさせて頂きましたが、大切な家を守る上で不安もあるかと思います。

とくに、屋根の表面の劣化状況を一般の方が、目視診断することは危険が伴いますので、外壁と屋根の塗り替えは、定期的に外装劣化診断士へご相談されることをオススメさせて頂きますね。

外壁と屋根の塗り替え目安について、更に詳しく知りたい方は

外壁塗装のプロタイムズ藤沢中央店は、一級塗装技能士や一級建築士などの専門家が、普段はなかなか聞けない貴重な最新情報をお届けするための講座を行っております。

屋根・外壁のメンテナンス講座

リフォームに関するご質問等がございましたらお気軽にお尋ねください。なお、不必要なセールスなどは一切いたしませんので安心してご参加ください。



外壁と屋根の塗り替え時期


外壁と屋根の塗り替え時期

住宅は、建てて10年程度経つと、塗り替えの時期だとよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?

答えは「違います!

本記事では、外壁・屋根の塗り替え時期と判断方法について解説します。

外壁と屋根の塗り替え

例えば、海岸線から5キロ圏内の住宅と、内陸に建っている住宅では、塩害等の理由により、外壁や屋根の傷みに大きな差が出ます。

また、角地に建っている住宅と、両側が隣家に挟まれている住宅では、紫外線劣化、風害等の問題で、角地の住宅の方が、圧倒的に傷みが早いのです。

つまりは、同じ年数が経過していても、一軒一軒、外壁や屋根の症状は違うということなのです。

したがって、一概に築年数で外壁や屋根の塗り替え時期を決めることはできません

そして、外壁メンテナンスや屋根メンテナンスで、使用する材料も環境によって異なります。

例えて言えば、人間が病気になった際、その症状によって使用する薬が違うのと一緒で、外壁や屋根の傷み(症状)によって、使用する塗料(薬)も違ってくるのです。

では、「どうすればいいのよ~」となりますが、大切なことは、自宅の「劣化現状」をしっかりと把握することです。

以下、外壁や屋根が、一般的にどのような状況になったら、外壁・屋根の塗り替えをすればよいのか参考までに解説します。

外壁・屋根の塗り替え目安

外壁や屋根を普段から気にする方はあまりいませんが、定期的に下記のような状況になっていないかを確認すると、外壁や屋根の塗り替え時期を判断することが出来ます。

外壁

  • 外壁にひび割れが目立ってきている。
  • 目地のシーリングが劣化している。
  • 外壁の表面から顔料が流出して、白い粉が手につくようになる。
  • カビコケが、北面を中心に多く繁殖し始めている。
  • サイディングボードに反り、割れ、変色が出始めている。

屋根

  • 瓦表面(特に北側)に、カビコケが多く繁殖し始めている。
  • 瓦のヒビや、欠損が多く目立ってきた。
  • 瓦表面の破水効果がなくなり、雨水を弾かず、逆に吸い込んでしまっている。
  • 棟押えの金属板に、錆が多く出始めている。
  • 棟漆喰が滑落して、抜け落ち始めている。

以上を参考にし、現在の外壁や屋根の傷みをしっかりと把握することが大切です。

しかしながら、一般の方が、外壁や屋根の傷みを完全に把握するのは、現実的ではありません。

そこで、オススメの方法が、外装リフォーム図面を業者に作成してもらい、外壁や屋根の傷みを自分自身の目で確認する方法です。

この外壁リフォーム図面があれば、一般の方でも、十分現在の外壁や屋根の傷みを把握する事ができます。

外装リフォーム図面

自宅に保管されている設計図書(設計図面)の立面図、平面図をCADシステムで読み取り、解析し、正確な塗布面積等が記載されている図面。

更には外装劣化診断士が判断した診断結果をすべて図面の当該個所に書き入れた今までにはない図面。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

外壁や屋根の傷みをしっかりと把握し、適切な時期に適切なメンテナンスをすることで、ご自宅に永く安心して住めるようになるのです。

また、信頼できる業者と長く付き合い、良い関係を作り上げることも大切ですね。

外壁と屋根の塗り替えについて、更に詳しく知りたい方は

外壁塗装のプロタイムズ藤沢中央店は、一級塗装技能士や一級建築士などの専門家が、普段はなかなか聞けない貴重な最新情報をお届けするための講座を行っております。

屋根・外壁のメンテナンス講座

リフォームに関するご質問等がございましたらお気軽にお尋ねください。なお、不必要なセールスなどは一切いたしませんので安心してご参加ください。



ご挨拶

  • 投稿日:2019年 4月16日
  • テーマ:その他

本日は弊社のホームページをご覧いただき有難うございます。

弊社は1981年の創業以来、日本の風土に合った建物の設計及び施工の監理監修を主に行ってきた一級建築士事務所です。 その30有余年に渡る経験から得た知識と知恵を活用することで、2000年以降は建物の維持管理を目的としたリフォーム事業に参入し、今日に至りました。

また、そのリフォームの基幹事業である住宅の塗り替え施工を全国で展開しているFC組織「プロタイムズ」の職人・監督・社員等の教育・育成を目的とした研修センターを神奈川県藤沢市に開設し、 次代の人材育成にも力を注いで参りました。

弊社は今後も、新築から増改築・リフォームに至るまで『最大を目指さず、最良を目指す』を企業理念として、 血の通った温かい人間味溢れる気遣い施工を今後も目指し、精進して参ります。どうぞ、お引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。


ダブルエー・ホールディングス
藤沢市 ダブルエー・ホールディングス
アウトレット塗装 プロタイムズ湘南台研修センター 藤沢 ダブルエー・ホールディングス
外壁屋根塗装勉強会
ダブルエー・ホールディングスの無料外壁屋根診断
ダブルエー・ホールディングスの無料雨漏り診断
  • ダブルエー・ホールディングスのお見積もりプラン表
  • ダブルエー・ホールディングス 職人のマナーと技術
  • ダブルエー・ホールディングス 工事工程のご報告
  • ダブルエー・ホールディングスが提供する充実のアフターサービス